タイトルがきめれない。(仮)

つまらないサラリーマンがたまに書いてる場末のブログです。

映画 特撮

【感想】映画『仮面ライダー1号』観てきました

投稿日:

ドライブのテレビ放送終了とともに長男が仮面ライダーを卒業してしまってから早や半年。父親の僕はまだまだ卒業できず(と、いうか今のところ卒業する気もなく)今回もひとりでこっそり映画を観に行ってしまいました。

今春は仮面ライダー1号こと本郷猛が44年振りに主人公としてスクリーンに帰ってきた、その名も『仮面ライダー1号』です。

とはいえ僕はいわゆる『仮面ライダー1号』を知らない

何度か同じことを書いているような気がしますが、僕が初めて観た仮面ライダーは息子と一緒に観始めたドライブ。昭和シリーズはおろか、平成シリーズですらようやく555とWをhuluで見終えたばかりの素人です。初代仮面ライダーについては人並み(※1)に知っている程度だと思われます。

それでも仮面ライダーシリーズのファンの端くれとして語りたい、語らせて欲しい。この映画はもうこの一言に尽きます。

藤岡弘、=本郷猛=仮面ライダー1号=カッコいい!

もうコレ、この一言に尽きます。とにかく藤岡弘、さん演じる本郷猛がめちゃくちゃカッコいいんですよ。なんかもう彼の出演シーンは全編通してカッコよさというか男らしさみたいなのがスクリーンから漂ってきます。特に最終決戦の変身シーンを観たときは、今まで観てきた仮面ライダーとは異なる気持ちの高ぶりを感じることができました。演出による助長が多少あるとはいえ、この方には男子の本能に直接語りかけてくるようなアツい魅力に溢れている気がします。多少無理のある展開や演出があっても「カッコいいから、本郷猛だからOK!OK!」みたいな気持ちになってしまうなど、「ひとりの出演者の圧倒的な存在感に映画そのもの不満点を払拭させられる」という貴重な体験をさせていただきました。

かなりマッチョになってだいぶ印象の変わってしまったスーツデザインも、今の藤岡弘、さんの体型を考えれば納得。マッチョな体型のおかげで攻撃にも重みがあり、迫力のあるアクションシーンの演出の一助になっていたと思います。

また、心配していた共演のゴーストやスペクターも思っていたよりは出しゃばらず、終始1号(本郷猛)を軸にストーリーが進んでいたのも好印象でした。おそらくスポンサーサイドが許さなかっただろうし、興行収入にも影響するのでゴースト勢の出演は絶対だったんだと思いますが、制作陣もできることならこの作品は1号単体で描きたかったんじゃないでしょうか。

初代仮面ライダーのテレビシリーズを観ていれば見どころもツッコミどころも多くてより楽しめるでしょうが、テレビシリーズを観たか観ていないかなんて関係なく、本郷猛こと藤岡弘、のカッコよさにただただ酔いしれることができる作品になっていると思います。そろそろ劇場公開も終わってしまいそうですが、ぜひとも映画館の大きなスクリーンで楽しんでいただきたいです。

もう一言だけ言わせてください

「藤岡弘、=本郷猛=仮面ライダー1号=カッコいい!」の一言に尽きると申し上げた矢先に恐縮ですが、もう一言だけ言わせていただきます。

長澤奈央サマ=イーグラ=ステキィ!

もうね、これも言っておかないと気が済みません。長澤奈央サマ演じる敵対組織ノバショッカーの幹部であるイーグラがステキ過ぎます。

単純に自分が彼女のファン(※2)だということでステキに見えてるだけかもしれませんが、とにかくステキです、ステキなんです。もともとアクションが得意な彼女、劇中でもサーベルを武器にしなやかで美しいアクションを魅せてくれます。

仲間に殺されるという形でやや早めに退場してしまい少し残念でしたが、ノバショッカーの幹部役で唯一怪人態に変身せずに終始お美しい人間態のままで出演しているあたり制作側もよくわかってらっしゃる。ありがとう東映、ありがとう仮面ライダー1号制作チーム!

個人的なこだわりで彼女を取り上げてしまいましたが、大杉蓮さん演じる地獄大使など魅力的な演技をする方が結構出演しているのも今作の見どころです。藤岡弘、さんに圧倒されっぱなしの96分だったので、DVDがリリースされたら改めてほかの出演者もじっくり観てみようと思います。

※1 テレビシリーズの初代仮面ライダーを観ていない僕の知識は、「藤岡弘、演じる本郷猛という青年が、劇中で敵対するショッカーという組織に改造されて仮面ライダーに変身して戦う」「サイクロン号というバイクに乗っている」「必殺技はライダーキック」ぐらい。たまにテレビでやってる「懐かしの番組特集」みたいな企画で仕入れた程度のものです。

※2 ファンになったのは2013年とごく最近のこと。ちなみにきっかけはコレ。スーパー戦隊シリーズもマスクマンからキョウリュウジャーまでは未見だったので彼女がハリケンジャーに出演していたことも知らず、リアルタイムで観れなかったを激しく後悔しています。

-映画, 特撮
-, , , , ,

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

「パシフィック・リム」観てきた!

吹き替え・3D版を観てきました。 【結論】 予告編観てちょっとでも気になったらここから先は読まなくてもいい、こんなクソ記事読んでる暇あったらすぐ映画館に行こう!2000円前後でかなり気持ちよくなれるぞ …

『66アクション仮面ライダー/仮面ライダーマッハ』を買ってみました。

追跡! 撲滅! いずれも~ マッ・ハ―! 仮面ライダ~ マッ・ハー! と、いうわけで食玩『66アクション仮面ライダー/仮面ライダーマッハ』を買ってみました。対象年齢15歳以上の大きなお友達向け食玩フィ …

息子と仮面ライダーと年末年始と(『TK01 仮面ライダードライブ タイプスピード』レビュー)

息子が仮面ライダードライブにハマりました 現在テレビ放送中の『仮面ライダードライブ』に息子がにドハマりしています。寝ても覚めてもドライブドライブ、1日の半分ぐらいは仮面ライダーのことを考えてるんじゃな …

『映画 ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』を観てきました

息子とふたりで『映画 ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』を観てきました。Eテレで放送しているクレイメーションの映画版です。 息子がテレビ放送でショーンを好きになったようで「映画を観たい」 …

『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』観てきました

さてさて『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』です。4歳の息子が既にヒーローものから離れてしまい、映画も誘ったのに断られたのでオッサンひとりで仕事終わりに観てき …

pageruといいます。
茨城県水戸市生まれ、生まれてから36年間住み続けた水戸市を離れ、現在は栃木県某町に住む1980年生まれのサラリーマンです。
フラメンコにハマる5つ年上の嫁とふたりの息子(7歳と2歳)の4人でまあまあ楽しく暮らしています。
写真を撮るのとゲームで遊ぶのが好きですが、どちらもたいして上手なわけではなく、残念な趣味になっています。
特撮・SF作品が好きですが、観たことのある作品には偏りがあります。