タイトルがきめれない。(仮)

おっさん(つまらないサラリーマン)の備忘録

映画 アニメ 育児

『映画 ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』を観てきました

投稿日:2015年7月20日 更新日:

息子とふたりで『映画 ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』を観てきました。Eテレで放送しているクレイメーションの映画版です。

息子がテレビ放送でショーンを好きになったようで「映画を観たい」と言い出したので連れて行くことに。地元の水戸では上映している映画館がなかったのでわざわざ宇都宮まで行ってきましたよ。松竹さん、水戸近郊にもMOVIX作ってください。

テレビ版は20分の放送枠で3話構成なので1話あたり5〜6分ぐらい。内容もシンプルなので息子も喜んで観ていますが、映画版は85分のちょっと難しそうな長編ストーリーです。作品の内容ももちろん気になりますが、息子が飽きずに観ていられるかも気になるところです。

※あくまでも子どもと一緒に『ひつじのショーン』を楽しんでいるお父さんの感想です。ショーンもアードマン・アニメーションもあんまり詳しくないよ。

長編映画でもちゃんと『ショーン』でした

テンポ良し、ストーリー展開良し、映画化による背伸びに無理なしの良作だったと思います。楽しく85分を過ごせました。

アニメの映画化って無理に大作感を出したり感動的な要素を入れてみたりで結果違和感が出てしまうことも多いのですが、ショーンはショーンでした。

もちろんテレビシリーズでは1話5〜6分のものを10倍以上の80分強にしているのであらゆる面においてスケールアップしてるし、アニメを映画化するときのお約束(?)であるちょっとだけ感動するような仕掛けもあったりするわけですが、独特のテンポの良さとテレビシリーズおなじみのちょっとブラックでくっだらねぇ(けどひつじたちがやるとなぜか面白い)ギャグがこれでもかと詰め込まれている構成はまさに『ショーン』そのものでした。ギャグについてもその場で一発放っておしまいではなく、オチがその後の展開にうまく使われているものが多く、感心してしまいました。

ひつじたちへの違和感

※ちょっとネタバレです。

基本的にはテレビシリーズでお馴染みのショーンたちが描かれていて話も面白い良作でしたが、腑に落ちない部分がなかったわけではありません。特に冒頭の毎日毎日牧場で家畜として同じことを繰り返して生気を失っていくようなショーンたちの描写には、個人的に結構な衝撃を受けました。

テレビシリーズを観て僕が持っている彼らのイメージは「ちょっと退屈な牧場暮らしのなかでも、常に何らかの事件があったり、自分たちから湧き出るアイディアで毎日ドタバタ楽しく過ごしているひつじたち」なので、長期に渡って生気が失われるほど退屈な日々を過ごすという描写には違和感があったのだと思います。

テレビシリーズと比べてひつじたちがややナイーブな性格になっているのもちょっと違和感がありました。自分たちのせいで牧場主が行方不明になり最終的には探しに行くにせよ、いつもの彼らならもうちょっと長く自由を楽しむと思うんだけどな。その他のあらゆる場面においても、彼らのメンタルはもうちょっと強いと思うんですけどね。

クレイメーションの都市描写は一見の価値あり

映画版のもうひとつの注目ポイントは、クレイメーションによる大都市の描写です。TVシリーズでもちょっとした『町』が描かれることはありますが、今回の映画版では高層ビルが建ち並び多くの車が行き交う桁違いの『都市』が描かれています。建物が桁違いならひとつのシーンに登場する人物の数もTVシリーズとは桁違い。群衆とまではいきませんが、都市として違和感のないレベルの人数がちゃんと登場しており、それぞれのキャラクターがちゃんと動いています。

この作品で用いられている『クレイメーション』という手法は、粘土で作ったキャラクターを少しずつ動かしてコマ撮りしていく非常に手間のかかるものですが、この規模で作られると何をどこまでどうやって何で作っているのかまったく理解ができません。CGは…使ってないんですよねぇ?

何はともあれどうやって作っているか非常に気になるので、DVDにはメイキングをたっぷり入れていただきたいものです。2枚組にして1枚は全部メイキングにするぐらいのことしていただきたい。

息子(4歳半)の反応

始まって30分ぐらいで飽きの第一波がやってきました。この時点でストーリーを追うことは諦めたようですが、その後もその場その場の演出は面白かったらしく、最後まで観ることができました。

この日は土曜日で席もかなり埋まっており、客層は幼児から小学校低学年のお子さんのいる家族連れがほとんどでした。ギャグのシーンではそこら中で笑い声が聞こえる賑やかな上映でしたが、このレベルの話って一般的には何歳ぐらいになれば理解できるんでしょうか?

自分では映画を見ながら「これなら息子も理解できるかな」と思っていただけに、上映後の「(お話は)よくわかんなかったけどおもしろかった」という息子の発言には戸惑いを隠せませんでした。やっぱりテレビシリーズぐらいの短い話の方が、今の息子には合っているようです。

心身ともに成長が早い時期なので数ヶ月後に観たら何を思うのか?ストーリーは追えるのか?DVDが出たらもう一度みせてみたいと思います。

-映画, アニメ, 育児

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

なかがわ水遊園に行ってきました

久しぶりに快晴の日曜日、家族で栃木県大田原市の『なかがわ水遊園』に行ってきました。 海のない栃木県でまさかの水族館です。自宅(茨城県水戸市)から車で2時間弱、水族館に向っているのに周囲の景色がどんどん …

new_baby

赤ちゃんが生まれました(5年ぶり2度目)

私事で恐縮ですが、去る1月末に我が家の第2子となる次男が誕生しました。母子ともに健康でこれ以上ない良い結果。妻も赤ちゃんも(あといろいろガマンした長男も)頑張りました。 出産から約2ヶ月、家族4人揃っ …

親子ふたりの名古屋旅行(1日目:リニア・鉄道館編)

長男卒園記念ということで、親子ふたりで1泊2日の名古屋旅行をしてきました。次男が生まれてからいろいろと我慢している長男、小学校入学前の春休みを利用して少し発散させてやろうと企画してみました。 新幹線で …

銀杏の木と息子

息子の七五三

12月で5歳になる息子の七五三を祝ってきました。 他人の子供の成長は早いとは良く言いますが、自分の子供の成長も早い早い。この前生まれたばかりだと思っていたら、もう5歳です。 我が家らしいドタバタとした …

no image

水ぼうそう

1歳の息子が水ぼうそうになった。 先々週の水曜日に熱を出し、木曜日に連れて行った病院で水ぼうそうの診断を受けた。1週間の闘病を経て、一昨日の金曜日には医師から登園許可をいただいた。明日からまた、元気に …

pageruといいます。
栃木県某町在住、1980年生まれのサラリーマン。
2男児(小学生と幼稚園児)の父。
写真・ゲーム・特撮が好きですが、残念ながら全部浅いです。