タイトルがきめれない。(仮)

おっさん(つまらないサラリーマン)の備忘録

Web制作 備忘録

さくらインターネットのレンタルサーバで初期ドメインでのウェブアクセスを拒否する

投稿日:

仕事で対応が必要だったので実践したことをメモ。

やりたいこと

記事のタイトルどおりですが『独自ドメインを設定したさくらインターネットのレンタルサーバで、初期ドメインでのウェブアクセスを拒否したい』です。

さくらインターネットのレンタルサーバを契約すると、『example.sakura.ne.jp(exampleの部分には申し込み時に希望した文字列が入る)』という初期ドメインが発行されます。ドメインにこだわりがなければ費用を掛けずに初期ドメインのままサイトを運用できるので便利なサービスではあります。

もちろんサーバは独自ドメインでも運用可能。また、ひとつのサーバ契約で複数の独自ドメインを利用できるマルチドメインにも対応しています。

今回の問題は「独自ドメインを設定したサーバでも初期ドメインでアクセスできてしまう」ことです。最初の設定にもよりますが、例えば『example.com』というドメインを取得してサイトを開設した場合、初期ドメインである『example.sakura.ne.jp』でも同じサイトが閲覧できてしまいます。

せっかく独自ドメインを取得したのに初期ドメインでもアクセスできてしまうというのはどうにもカッコ悪いし、何よりさくらのレンタルサーバを使っていることが容易に特定できてしまうのでセキュリティ的にもあまりよろしくない(サーバコンパネのログインIDは初期ドメインです)。できるだけ初期ドメインの存在を匂わせないようにするのが今回の目的です。

やったこと

ここからの流れは以下の前提でレンタルサーバを使用中と仮定した設定手順です。

  • 初期ドメインは『example.sakura.ne.jp』
  • サーバに設定されている独自ドメインは『tsukubaya.info』
  • 初期ドメイン・独自ドメインどちらでアクセスしても同じサイトが開いてしまう
wwwディレクトリ内のイメージ

レンタルサーバのドキュメントルートのイメージ。
前提条件どおり(で静的サイト)ならこんな状態になっていることが多いはず。

1.独自ドメイン用のディレクトリを作る

サーバのドキュメントルートである『www』の直下に独自ドメイン用のディレクトリを作成し、『www』直下にあるサイトのデータを作成したディレクトリに移動させます。

今回は『www』の直下に『tsukubaya.info』ドメインで公開しているサイトのデータが格納されている前提での例なので、『www』の直下に『tsukubaya』というディレクトリを作成し、この中にサイトのデータをすべて移動しました。

ディレクトリを作成し、独自ドメインで公開したいサイトのデータをすべて移動。

(※)ここまで行うと、ブラウザで初期ドメイン(example.sakura.ne.jp)または独自ドメイン(tsukubaya.info)にアクセスするとエラー表示(※)となり、『example.sakura.ne.jp/tsukubaya/』または『tsukubaya.info/tsukubaya/』にアクセスするとこれまで初期/独自ドメインで表示されていたサイトが開くようになります。

設定によってはファイルの一覧(Index of)が見えるようになってしまいます。これはこれで問題なので対策しておきましょう。(さくらのサポート情報:ホームページにアクセスすると、ファイルの一覧(Index of)が見えてしまう

2.コントロールパネルで独自ドメインの設定を変更

レンタルサーバのコントロールパネルにログインし、独自ドメインでアクセスしたときのルートディレクトリを『www』から手順1で作成したディレクトリに変更します。

コントロールパネルにログインし、メニューの『ドメイン/SSL』をクリック

『ドメイン/SSL』を選択

独自ドメイン(ここでは『tsukubaya.info』)の設定をクリック

独自ドメインの『設定』ボタンをクリック

『Web公開フォルダ』に手順1で作成したディレクトリ名を入力(ここでは前提条件に合わせて『/tsukubaya』と入力)

手順1で作成したディレクトリ名を入力

ここまで行うと、ブラウザで初期ドメイン(example.sakura.ne.jp)にアクセスするとエラー表示、独自ドメイン(tsukubaya.info)にアクセスするとサイトが開くようになりますが、『example.sakura.ne.jp/tsukubaya/』にアクセスしても相変わらず独自ドメインと同じサイトが表示されてしまいます。

3.『.htaccess』で初期ドメインへのアクセスを拒否する

『www』直下に『.htaccess』を作成し、以下のとおり記載します。

.htaccessを追加

既に『.htaccess』がある場合は追記でOK

『example』の部分は自分のサーバに設定されている初期ドメインに合わせて書き換えてください。

以上で作業完了。これで独自ドメイン(tsukubaya.info)にアクセスしたときのみサイトが開くようになり、『example.sakura.ne.jp/tsukubaya/』ではエラー表示(404)となります。初期ドメインから独自ドメインと同じサイトにアクセスするのは不可能になった…はずです。

まとめ

とりあえずやりたいことは実現できました。ドメインをどこで取得しているかとか、サイトを常時SSL化しているかどうかで設定しなくてもいい部分もあるっぽいですが、いろいろいじり倒した結果ではこれがベターなんじゃないかと思われます。

ちなみに独自ドメインひとつしか扱わないのであれば、上記手順の1と2はスルーして3だけでも問題はなさそうです。ただし、同じサーバでサブドメインあるいはまったく別のドメインで新しいサイトを公開する予定が少しでもあるなら、1と2もやっておいた方が後々面倒じゃないと思います。(新ドメインで運用するサイトを追加したい場合は、新ドメイン用にもう一度1と2の手順を行えばOK)

-Web制作, 備忘録
-,

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【備忘録】『MW WP Form』の『日付ピッカー』で生年月日の入力欄を作成する

タイトルのとおり、WordPressのフォーム作成プラグイン『MW WP Form』を使って生年月日の入力欄を作成する方法のメモです。 『MW WP Form』公式サイト より MW WP Formは …

【備忘録】テキストファイルから任意の文字列を抽出する

仕事で3万行ぐらいあるそこそこ規則的なテキストファイルから任意の文字列を抽出しました。 今後も同じことを何度かやるので備忘録として、完全に個人的なメモです。 例えばこんな感じのテキストデータから、任意 …

Visual Studio Code

Visual Studio Codeにインストールしている拡張機能

極々たまにWeb制作の仕事をしております。 エディタはここ1年ちょっとぐらい『Atom』を使用していましたが、興味本位でインストールした『Visual Studio Code』に心を奪われかけています …

スタンダードプランからスタンダードプランへ。速くなったさくらインターネットの新レンタルサーバに引っ越してみました。

2006年から12年もやってるのに記事が150件ちょっとしか投稿されていないこちらのしょーもないブログ『タイトルが決められない。(仮)』。開設時よりサーバはさくらインターネットのレンタルサーバ スタン …

「JS CMS」公式サイト

シンプルで使いやすいCMS『JS CMS』の話

ここ最近、『JS CMS』というCMSを使用しています。 「JS CMS」公式サイト JS CMSはウェブデザイナーの田中成憲さんが開発するオープンソースのCMSです。 数年前に存在を知ってからずっと …

pageruといいます。
栃木県某町在住、1980年生まれのサラリーマン。
2男児(小学生と幼稚園児)の父。
写真・ゲーム・特撮が好きですが、残念ながら全部浅いです。