タイトルがきめれない。(仮)

つまらないサラリーマンがたまに書いてる場末のブログです。

鉄道 育児

『みと鉄道ふれあいまつり』に行ってきました

投稿日:2013年12月11日 更新日:

すこし前の話になりますが、11月23日にJR内原電留線構内(JR常磐線の水戸駅より、ちょっとだけ東京寄りのところ)で行われたイベント『みと鉄道ふれあいまつり』に家族で行ってきました。

20131211-3

鉄道好きは僕じゃなくて息子

先におことわりしておきますが、鉄道が好きなのは僕じゃなくて、もうすぐ3歳になる息子です。息子が鉄道に興味を持つようになるまで僕は鉄道にまったくと言っていいほど興味もなかったし、知識もありませんでした。

最近になってようやく息子と話ができる程度に知識がついてきたぐらいですので、鉄道イベントのレポートではなく、子育て日記としてお楽しみください。

開場1時間前から並んでみました

僕もヨメもこの手の鉄道関係のイベントに行くのは初めてで、どのぐらい混雑するのか、開場までにどれだけ並ぶのか、まったく予想ができていませんでした。で、とりあえず開場1時間前に並んだ結果が下の写真です。

20131211-1

結構並んでました。ざっと100人ぐらいでしょうか?最前列の方は朝の5時ぐらいから並んでいたようです。結局開場時には僕たちの後ろに写真の3倍ぐらいの人が並んでいました。鉄道人気、恐るべしです。

あとからわかったことですが、行列を作っていた人たちの多くは当日販売されていた鉄道部品の購入が目的だったようです。チビを連れて遊びに行くだけだったら、並ぶのはもう少し遅くても良かったかも。

車両展示

(たぶん)今回のイベントのメイン、歴代の特急ひたち号の車両展示です。

下の写真は実際に展示されていた様子を撮ったもの。

20131211-6

左から

  • EF510(寝台特急『北斗星』牽引車)
  • 485系(特急『ひたち号』)
  • E653系(特急『フレッシュひたち号』)
  • E651系(特急『スーパーひたち号)

写真で先頭車両が見切れているのは、最新のE657系(特急『スーパーひたち号』/特急『フレッシュひたち号』です。歴代のひたち号+αのラインナップって感じでしょうか?現在はほぼE657系での運行らしいので、貴重な車両が揃っているようです。

で、たぶん隠し目玉はこのEF510形(寝台特急『北斗星』牽引車)。

20131211-4

子ども向けの本でも『カシオペア』の牽引車として人気の車両です。ウチの息子も「カシオペアだー!」と喜んでましたが、正直僕には何のことかさっぱりわかりませんでした(「北斗星って書いてあるんだからカシオペアじゃねーだろ」と思っていました)が、帰ってきてから調べたらどうやら息子が正しかったようです

車両展示以外もいろいろ充実

イベントは車両展示だけじゃありません。鉄道部品(古い電車のパーツとか駅の備品など)やグッズ・駅弁の販売、子供向けにはミニSLやミニ電車の乗車体験、ちびっ子たちが駅長のコスプレをして写真を撮れる子供駅長制服撮影会などなど。正直もっとマニアックな空間を想像してビビってましたが、思っていたよりも一般向けのユルいイベントでちょっと安心しました。

ちなみにウチの息子がいちばん食いついたのはコレ、

20131211-2

鉄道模型コーナー。
息子よ、でっかくて迫力のある実車がすぐそこに展示されてますよ。

イベントといえばごはん

僕が期待してたのはどちらかというと電車じゃなくてこっち、駅弁以外にも茨城のご当地グルメが数多く販売されていました。

最初に食べたのは(有)五浦ハムの『豚ドッグ』。パンからはみ出す長いソーセージが見た目からしておいしそうです。調理中にソーセージが折れてしまったとかで、1本オマケしてもらっちゃいました。

20131211-5

写真は撮り忘れてしまいましたが、会場で手打ちしていたそばも食べました。打ちたての喉ごしがたまらん。

あとはヨメが食べてた『納豆ケバブ』をひと口…うん、まぁ、納豆だね。

お持ち帰りは新幹線『E6系スーパーこまち』の箱に入ったパン。中身のパンも新幹線の形をしています。会場では山手線や成田エクスプレスの箱に入ったパンも売ってたみたいです。

20131211-7

【まとめ】結構楽しめました

我が家にとっては二度目の鉄道イベント(一度目は昨年の『わくわく鉄道ランドin池袋』ちょっと残念なイベントだった覚えがあります)。息子が喜ぶだけかと思っていましたが、家族全員がそこそこ楽しめました。世間には鉄道好きな子供に付き合ううちにママが鉄道にハマってしまう『ママ鉄』なる現象があるようですが、我が家も例外ではなく、一家で鉄道好きになってきているような気がします。

男の子であれば電車にあまり興味を示していなくても、普段見ることのできない距離や角度で電車を観察できるこの手のイベントは結構テンション上がっちゃうと思います。機会があれば是非行ってみてください。

-鉄道, 育児

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日帰り鎌倉遠足

我が家にとってはゴールデンウィークの初日となる5月3日に、家族で鎌倉へ日帰り遠足に行ってきました。 お目当ては江ノ電、そして湘南モノレール 遠足のいちばんの目的はもちろん、鉄道好きな息子にいろいろな電 …

今年も石垣島に行ってきました(1日目)

7月16日から19日までの4日間、去年に引き続き家族(僕・嫁・3歳半の息子)で石垣島に行ってきました。 行ってるところもやってることも去年とあまり変わりませんが、記録を残しておこうと思います。 出発 …

大水槽『サンシャインラグーン』

サンシャイン水族館に行ってきました

先日の石垣島旅行ですっかり海の生き物好きになった3歳の息子を連れて『サンシャイン水族館』に行ってきました。 小さい、でも楽しい さてこの『サンシャイン水族館』、超々有名な水族館なのでご存じの方も多いか …

銀杏の木と息子

息子の七五三

12月で5歳になる息子の七五三を祝ってきました。 他人の子供の成長は早いとは良く言いますが、自分の子供の成長も早い早い。この前生まれたばかりだと思っていたら、もう5歳です。 我が家らしいドタバタとした …

『はたらくクルマのスティンキーとダーティー』の世界がやさしすぎる件

今回はAmazonプライム・ビデオのお話。 昨年プライム会員になったものの引越やらなにやらで動画を観る余裕もなく過ごしていましたが、昨年末あたりに新居への光回線の契約も済んだので時間のある時にちょこち …

pageruといいます。
茨城県水戸市生まれ、生まれてから36年間住み続けた水戸市を離れ、現在は栃木県某町に住む1980年生まれのサラリーマンです。
フラメンコにハマる5つ年上の嫁とふたりの息子(7歳と2歳)の4人でまあまあ楽しく暮らしています。
写真を撮るのとゲームで遊ぶのが好きですが、どちらもたいして上手なわけではなく、残念な趣味になっています。
特撮・SF作品が好きですが、観たことのある作品には偏りがあります。